【最大150万円】スポーツ庁からの補助金が受けれられます

スポーツに関わるオンライン養成コースやアカデミー等が、受講料の3/4で受けれるチャンスがあります。
E.M.I.の場合、『Core Power Yoga CPY®︎』や『Athlete Pilates AP ™』養成コースなど、2020/2/26〜2020/11/30開催が補助対象です。

すでに多くの方が活用され養成コースにお申し込みされています。スポーツ庁では上限に達し次第、受付を締め切るそうですのでお早めに詳細をご覧ください。

例:Core Power Yoga CPY®︎養成コース 正規料金25万→6万円

【補助金活用例】
🔸各種養成コース
🔸各種アカデミー
🔸オンライン指導への切り替え
🔸感染拡大予防に配慮した練習環境の充実
🔸スポーツ大会やイベントの開催
🔸オンライン指導や大会イベント開催の告知広告や動画の制作

スポーツ庁ホームページ

オリジナルメソッドである4つの、「Core Power Yoga CPY®︎」「Athlete Pilates AP ™」「Aroma Foot Therapy AFT」「E.C.A.P.」の指導者資格認定コースを開催し、全国で多くの資格取得者たちが、このメソッドを活用し、一般の方からトップアスリートに向けたコンディショニングトレーニング、また医療現場にてリハビリテーションを実施しております。このスポーツ医学に基づいたメソッドは、身体が硬い、うまく動かないといった身体機能不全や痛みの改善、また障害予防や疲労回復を目的としています。全国の医療従事者、運動指導者と連携し、より多くの方の健康をサポートしたいと心から願っております。

Core Power Yoga CPY®︎とは

ヨガの瞑想や哲学、サンスクリット語を省略し、スポーツ医科学に基づき、機能解剖学・バイオメカニクス・キネシオロジーを重視した、身体機能の改善を目的とする、38ポーズから構成されているコンディショニングトレーニングであり 、障害予防またリハビリテーションとしても活用できる運動療法です。ヨガについて徹底的に掘り下げプロとしてのスキルアップを目指します。運動指導や臨床の現場で活用できる内容となっています。コース終了後には、Educate Movement Institute認定Core Power Yoga CPY®︎トレーナーの資格が取得できます。

Athlete Pilates AP ™ 養成コースとは

基礎的なピラティスエクササイズにより、身体の機能不全を改善します。またスポーツパフォーマンス向上のために体幹を強化し、スムーズな動作スキルを習得します。学習特徴は、筋・骨格系の機能解剖や運動力学、また体幹トレーニング本来の目的である、『内臓機能向上』のため、免疫系・神経系・内分泌系を追求し、恒常性を高めるトレーニング理論について、予防医学の考えを基本に学習します。運動指導や臨床の現場で活用できる内容となっています。
コース終了後には、Educate Movement Institute認定Athlete Pilates AP™️トレーナーの資格が取得できます。

Aroma Foot Therapy AFTとは

東洋医学の経穴経路療法と、運動生理学に基づいたリンパ刺激を取り入れた、セルフマッサージです。アロマエッセンシャルオイルの効能を生かし、自律訓練法も導入した、体質改善を目的とする究極のメディカルリラクゼーションプログラムです。クライアント様や患者様と対面しながら、セルフケアをリードする指導方法を学びます。コース終了後には、Educate Movement Institute認定Aroma Foot Therapy AFT セラピストの資格が取得できます。

E.C.A.P.とは

怪我をしないコンディショニングを保つために必要な「Warm up」「Cool down」「Recovery」のプログラムです。近年、多くの選手はヨガやピラティスをトレーニングのひとつとして導入しています。それは単に体幹を鍛えるという目的に留まっておらず、障害予防やコンディショニングとしてもヨガやピラティスが有効であることは徐々に認知されはじめてきました。E.C.A.Pは三つのシーンに合わせたものであり、1日で習得できる認定コースとなります。コース終了後には、Educate Movement Institute認定E.C.A.P.トレーナーの資格が取得できます。